Crazy Magazine Covers(クレイジーマガジンカバーズ):1970年代のFleer・トレーディングカード:

Crazy Magazine Covers(クレイジーマガジンカバーズ):1970年代のFleer・トレーディングカード:



1970年代のFleerトレーディングカード:Crazy Magazine Covers

 

Crazy Magazine Covers(クレイジー・マガジン・カバーズ)とは
1973年に売り出されたトレーディングカードシリーズである。
Fleerというトレーディングカード会社により製作され、全部で3シリーズが販売されている。

 
 
 

トレーディングカード・Crazy Magazine Covers(クレイジーマガジンカバーズ)コンセプト

 


1970年代の前半に、トレーディングカード会社のTopps(トップス)によって作られた
「Wacky Packages」(ワッキー・パッケージズ)というカードシリーズの影響もあり
ブランドをパロディー化にするカードのブームが巻き起こった。

Fleerも、このブームの波に乗り、自社のパロディーカードシリーズを作った。
しかし、Fleerがテーマにしたのは有名な商品のブランドではなく
有名な雑誌と新聞のカバーをパロディーしたものだった。
当時の人気雑誌や週刊誌などのタイトルを使って、皮肉った言葉遊びや面白いイラストを盛り込んだ。
 
 
 

クレイジー・マガジン・カバーズのトレーディングカードシリーズ1

 

シリーズ1は、1973年に売り出された。
全部で30枚のカードがあり、9枚のパズルカードも入っていた。

このシリーズはToppsの「ワッキー・パッケージズ」に対する
”便乗&挑戦的”なニュアンスのカードシリーズであった為に
製作後、急いで売り出した。

そんな事も関係してか、イラストのクオリティーは
他のトレーディングカードと比べると少し低いかもしれない。
シリーズ1の9枚パズルは、あのMad Magazineのパロディーであった。

面白いことに、このカードシリーズに対して
ワッキー・パッケージズが発売した次のセットには
Crazy Magazine Coversのパロディーカードが入っていた!

しかも、そのパロディーにつけられた名は「Crazy Magazine Covers」ではなく・・・。
「Crappy Magazine Covers」(ヘタクソな雑誌カバーズ)というパロディーのイラストが作られた。

FleerとToppsという二つのカード会社は、ビジネス上では本当のライバルであったが
トレーディングカードの世界では、ユーモアで戦っていた。

 
 
 

クレイジー・マガジン・カバーズのトレーディングカードシリーズ2

 

シリーズ2は、30枚の新しいイラストのカード。
また、9枚のパズルがあり、「Parents」という雑誌のパロディーで作った。

 
 
 

クレイジー・マガジン・カバーズのトレーディングカードシリーズ3

 

シリーズ3は、40枚あったが、最初の30枚はシリーズ2と全く同じイラストである。
最後の10枚は新しいイラストが追加されて
雑誌のカバーではなく、学校の教科書のカバーがパロディーされたものだった。

Crazy Magazine Covers
Crazy Magazine Covers


 

 

Related Post