トレーディングカード

UGLY STICKERS(アグリーステッカー)の歴史

ugly stickers karen

UGLY STICKERSの歴史

 
1954年に、アメリカのアイコニックなキッズ雑誌”Mad Magazine”は
Life Magazineの表紙をパロディー化したデザインを使いリリースした。

この表紙のデザインは、Basil Wolverton(バジル・ウルヴァトン)というイラストレーターによって
描かれたもので、グロテスクな女の子のイラストが掲載されていた。

このイラストのおかげで、特にこの一冊(5月号)はアメリカの全国の子供の中では人気になった。
そして、Basil Wolverton(バジル・ウルヴァトン)氏、本人も有名になっていった。

1965年に、Toppsというトレーディングカード会社は、Basil Wolverton(バジル・ウルヴァトン)にコンタクトを取り
新しいトレーディングカードシリーズのためにイラストを依頼した。

この新しいカードシリーズののコンセプトは、44枚のグロテスクなモンスターのカードだった。
彼は、10枚のイラストを描いたが、様々な契約の関係上、口論となり
イラストのコピーライトを全てToppsに売却、そしてこのプロジェクトを去った。
残っていった34枚は、後の2人のアーティストによって17枚ずつ描かれた。
こうして、Ugly Stickersというシリーズが生まれた。
 
 
ugly stickers ugly stickers
 
 

 
 
 
 

UGLY STICKERSの1965年のファーストシリーズ

 
1965年のUgly Stickersシリーズ1は、164枚が入っていたが、イラストは、44枚しかなかった。
それぞれのカードは、モンスターのイラストが掲載されていて人の名前も書かれている仕様。

1つのイラストで、4回程シリーズに登場したが、それぞれで違う名前がついている。
1つのパッケージは、当時で$0.05セントで販売された。

 
 
ugly stickers karenugly stickers karen
 
 
ugly_stickers jeffugly_stickers jeff
 
 
ugly stickers charlieugly stickers charlie




UGLY STICKERSの1965年のシリーズのネームリスト:

 
1-Arthur, Edith, Jim, Terry
2-Carl, Jose, Leslie, Nancy
3-Edward, Harvey, Jacqueline, Sandy
4-Ann, Red, Sy, Will

5-Emily, Joan, Lou, Rich

6-Diana, Gail, Gene, Howard

7-Henry, Lester, Marv, William
8-Brian, Irene, Kenneth, Victor
9-Don, Ed, Lill, Ruth
10-Adam, Brenda, Dan, Steve

11-Barry, Donald, Florence, Wendy

12-Arleen, Fay, Inez, Pete

13-Elizabeth, Lewis, Stan, Walt
14-Andrew, Harv, Susan, Sylvia

15-Ben, Bonnie, Eleanor, Shelly

16-Irving, Jess, Patricia, Walter
17-Belle, Julie, Ken, Leonard
18-Bill, Harold, Keith, Malcolm
19-Cynthia, Jeff, Laurie, Pat
20-Barbara, Frank, Marg, Vincent

21-Albert, Charles, Muriel, Ron

22-Catherine, Clifford, Loretta, Richard
23-Drew, Fred, Iris, Joel

24-Bert, Eileen, Jessica, Marty

25-Artie, Beth, Susan, Grace
26-Ana, James, Joe, John

27-Al, Amy, Les, Vi

28-Carl, Caroline, Lillian, Mike
29-Doc

30-Granny

31-Daniel, Dean, Mark, Vince

32-Tommy

33-Art, Cheryl, Fay, Michael

34-Helen, Jane, Lois, Robert

35-Carol, George, Marvin, Minda
36-Cliff, Doris, Margaret, Mitch
37-Eugene, Isabelle, Melvin, Nicholas
38-Alice, Betty, David, Gloria
39-Alan, Anthony, Nan, Rita
40-Charlie
41-Bruce, Henry, Peter, Vic

42-Josephine, Marie, Paul, Rob
43-George, Joseph, Stanley, Ward
44-Bob, Dorothy, Evelyn, Renee




1966年 Make Your Own Name Stickers(自分の名前を作れるシール)

 
結果、Ugly Stickersシリーズが成功したことにより
1966年には、Toppsが新しいシリーズを売り出した。
その名もMake Your Own Name Stickersというシリーズで
イラストのテイストは似ているが、今回の仕様は名前のシールもパッケージに入っていて
子供が自分で勝手にオリジナルネームシールを作れるようになった。

男の子の名前と女の子の名前も入っていて
全シリーズで200個が存在している。

イラストは、33枚程存在している。
今、名前のリストを見てみると、名前のテイストが少し古臭く、歴史を感じる。
結果として、ファーストシリーズほど人気が出なかった。





UGLY STICKERS 1973年ー1974年、1976年のカードシリーズ

 
1973年には、もう一度違うシリーズを発表した。
前回のイラストを使ったが、本セットは110枚しか入っていなかった。
パッケージの色も一新した。

1976年には、さらに違うシリーズをリリースした。
このバージョンは基本的な所は、同じだがカードの裏面が白い。

アメリカ、イギリス、オーストラリアのバージョンは名前が同じものであったが
カナダのバージョンだけは、フランス系名前が入っていた。





Ugly Stickersのフィギュア(Rubber Uglies/ラバー・アグリーズ)

 
トレーディングカードの他には、ゴム製のフィギュアも売り出された。
当初はコンビニやファミリーレストランで販売されたが
残ったストックはガチャガチャで販売されるようになった。

 
 
Rubber UgliesRubber Uglies
 



1979年のシール(「Monstickers」)

 
1979年には、アメリカでフォーム系3Dシールのブームがあり
Toppsがこのブームに乗って、Ugly Stickersのバージョンを売り出した。
68枚のシールが入っていた。