ミニフィギュア

レゴのミニフィグシリーズ11の新作キャラクターレポート・新しいレゴミニフィグを手に入れました!

レゴミニフィグシリーズ11ロボット

レゴミニフィグシリーズ11の新作キャラクターの紹介



実は先日までイギリスに滞在していたフィギュペディアのスタッフ陣ですが、イギリスの旅も終わりようやく日本に帰ってきました。今回はイギリスだけではなくフランスに行く事も出来たので、その国のローカルのトイショップも沢山発見する事が出来ました。

トイショップも国や地域毎に特色があって、とてもいい発見がありました。
今回のヨーロッパのトイ・フィギュアレポートについては別の機会で紹介していきたいと思っています^^


話は戻りますが、イギリスでは日本ともアメリカとも違った多くのトイ・フィギュアを発見する事が出来ました。その中でもやはり気になったのは・・・レゴミニフィグのシリーズ11のフィギュアです!

イギリスでは、レゴのシリーズ11のフィギュアは今年の7月から販売されています。
私はイギリス国内で、様々なトイショップに足を運びましたが、イギリス国内では「WHSmith」(雑貨・本店)というお店でしか取り扱っていませんでした。

今回のシリーズ11のフィギュアのブラインドバッグは緑色です。
全16のキャラクターがあり、シリーズ10と違い「ミステリーフィギュア」はありません。



レゴミニフィグシリーズ11キャラクターリストレゴミニフィグシリーズ11キャラクターリスト







レゴミニフィグシリーズ11のキャラクターラインアップ:



  • Scientist 女性化学者
  • Lady Robot 女性ロボット(シリーズ6ロボットの女性バージョン!)
  • Evil Mech 悪そうなロボット
  • Yeti イエティ
  • Jazz Musician ジャズ音楽家(サックス音楽家)
  • Holiday Elf クリスマスのエルフ
  • Constable イギリス風警察
  • Dirndl Girl ドイツ風ガール
  • Diner Waitress 50年代のダイナーウェイトレス
  • Scarecrow 鳥威し
  • Barbarian 蛮人
  • Welder 溶接工
  • Mountain Climber 登山家
  • Grandma おばあちゃん
  • Island Warrior パプアニューギニア人のようなキャラクター
  • Gingerbread Man ジンジャーブレッド人形(ジンジャーブレッドは生姜入りのお菓子)



レゴミニフィグシリーズ11の個人的なお勧めのフィギュア



今回は4個のブラインドバッグを購入しました。(人気があってそのお店には4つしか残っていなかった為)
シリーズ11で私の個人的なお気に入りのキャラは、女性ロボットのキャラとジンジャーブレッド人形のキャラです(笑)。しかも今回買った4つのうちの中に、この二つがあったんですね^^


レゴミニフィグシリーズ11ロボットレゴミニフィグシリーズ11ロボット






レゴのシリーズ6のロボットのキャラは、トイショップなどで購入すると、既に1500円くらいで販売されているレアアイテムになっていますので、このシリーズ11の女性ロボットも同様にコレクターズアイテムになると思います。女性ロボットは手がピンク色で、まつ毛が長く、化粧をしているんです(笑)。そして、シリーズ6の男性ロボットと同じく背中には鍵が付いています。


ジンジャーブレッド人形のキャラは頭が丸く、マグカップを持っています。このマグカップには、「Dunk me!」というフレーズが書いてあります。「Dunk」という英語は「クッキーを飲み物に浸す」という意味になります。(英語圏ではクッキーを飲み物に浸して食べる習慣があります。)そして「Dunk me!」とは「私を飲み物に浸せ!」という意味になります。可愛いですね^^


レゴミニフィグシリーズ11レゴミニフィグシリーズ11







それ以外には女性サイエンティストのミニフィグにも当たりました。
私は以前サイエンスを勉強していた事もあり、サイエンスが好きなので、女性サイエンティストのキャラが当って嬉しかったです(笑)

最後に手に入れたフィギュアは溶接工のフィギュアです。これは、まあまあですね・・・^^
次はイエティ、おばあちゃん、イギリス風警察官のキャラを狙っています。



※更新情報
現在(9月26日)先程、日本のクリックブリックに買い物に行った際、ようやくシリーズ11が発売されたようです^^
店舗によっては無いお店もあるようです。