エイリアン系フィギュア:The Outer Space Men (ゼィ・アウター・スペイス・メン)

エイリアン系フィギュア:The Outer Space Men (ゼィ・アウター・スペイス・メン)


エイリアン系フィギュア:The Outer Space Men (ゼィ・アウター・スペイス・メン)

The Outer Space Men(ゼィ・アウター・スペイス・メン)とは
1968年にColorforms Companyというアメリカの玩具会社から販売されたエイリアンフィギュアである。

Mel Birnkrant(メル・バーンクラント)という玩具発明者にデザインされ
全部で7つのフィギュアがあった。

一番小型のフィギュアは9センチで、一番大型のフィギュアは18センチくらいのものがある。
それぞれのフィギュアは軟らかいビニールで作られていて
四肢の中にはワイヤがある、アクションフィギュア仕様になっていて様々なポジションをとれる。

それぞれのエイリアンキャラクターは
違う惑星から来たというストーリーのコンセプトになっている。

The Outer Space Men (wikipedia.org)
The Outer Space Men (wikipedia.org)


The Outer Space Men (ゼィ・アウター・スペイス・メン):フィギュアリスト

・Alpha 7: 火星から着たエイリアン。
小型で肌が緑色。頭がはげている。メタリックブルーのスーツを着ていて緑色のヘルメット。

•Astro-Nautilus: 海王星から来たエイリアン
体が紫で、蛸ような頭している。腕も触手のような形になっている。金色のスーツを着ている。

•Commander Comet: 金星から来たエイリアン。
人間のようなタイプで、ピンク色をしている。
天使の翼をしている。ピンク色のヘルメットで金色のスーツを着ている。

•Colossus Rex: 木星から来たエイリアン。
一番大型で恐ろしいフィギュア。
体はライム色で、筋骨隆々。紫色のショートパンツしか履いてない。

•Electron+:  冥王星から来たエイリアン。
禿げていて、ロボットのようなエイリアン。体はネズミ色と銀色でヘルメットもあり。

•Orbitron: 天王星から来たエイリアン。
一番背の高いフィギュア。体はピンクで、頭の内部が見える。
口は鳥の嘴の形。四肢は細長く手の代わりにハサミついている。
1955年に出たThis Island Earthという映画のキャラクターに基づいて作られているとのこと。

•Xodiac: 土星から来たエイリアン。
体は赤く、頭も赤く禿げあがっている。耳と顎は尖がっている。
メタリックブルーのスーツを着ていて、ピンク色のヘルメットを被っている。
胸には、「土星」のシンボルが書かれている。

The Outer Space Men (ゼィ・アウター・スペイス・メン)のキャラクターは
それぞれ、違う武器を持っている。

一つのシリーズしか売り出されていないが
二番目のシリーズについてもデザインはされている。

かなり珍しいものだが、シリーズ2のプロトタイプフィギュアが存在している。

また、パズルなどの他のThe Outer Space Men関係のグッツもある。

2008年には、元々のクリエーターは新しい会社を作って
またThe Outer Space Menグッズをデザインして販売を開始した。
絵本と新しいフィギュアも売り出している。

日本でも海外でもコレクターズアイテム。

Related Post