アーティスト紹介

スモーキン・ラビットでお馴染みのロウブロウアーティスト:Frank Kozik(フランク・コジック)の紹介

フランク・コジック

ロウブロウアーティスト:Frank Kozik(フランク・コジック)の紹介

キッドロボットのスモーキン・ラビットのトイでお馴染みのFrank Kozik(フランク・コジック)は
1962年にスペインのマドリッドで生まれた。

14歳の頃、アメリカへ移住し、テキサス州のオースティン市で暮らした。

若い頃、オースティンのアンダーグラウンドロックシーンに入り込んで
友人のパンクバンドのライブのためにポスターやフライヤーをデザインするようになった。

フランク・コジックフランク・コジック




フランク・コジックのキャリア

今までに、多くの有名バンドやアーティストのポスターアート、アルバムカバーをデザインしている。
中でも有名なのが、パール・ジャムや、グリーン・デイ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのために制作した作品。

2001年には、ミュージックレーベルビジネスを辞め、自身のアートトイビジネスをスタートさせた。
現在、多くのオリジナルアートトイや、フィギュアを制作している。2007年には「Ultraviolence」というアートトイブランドを設立している。
また「Man’s Ruin: Posters and Art by Frank Kozik」と、「Desperate Measures Empty Pleasures」という2つのアートブックを出版している。
Mishkaとのコラボレーショントイも製作しており、こちらのトイは世界中のトイコレクターの間でかなり人気になっています。