80年代トイ

80年代のアイコニックなガールズ人形:レインボー・ブライト(Rainbow Brite)

レインボー・ブライト(Rainbow Brite)

レインボー・ブライト(Rainbow Brite)の歴史


ラインボー・ブライトというキャラクターフランチャイズは、1983年に初めてリリースされた。アメリカのHallmarkというバースデイカードを専門に製作している会社のアーティストによって描かれたキャラクターである。
レインボー・ブライトは1984年に、初めてテレビアニメーションとして公開された。

このアニメーションは1984年から1986年まで放送され、全部で13作のアニメーション(一作品30分)があった。そして、二つのアクションエピソードも放送された。それに伴ってアニメ映画も製作されている。


レインボー・ブライト(Rainbow Brite)レインボー・ブライト(Rainbow Brite)


レインボー・ブライト(Rainbow Brite)のバックストーリー


このストーリーの主人公は、ウィスプという孤児の女の子である。彼女はミステリアスなパワーによって、色のない世界に連れて行かされた。ウィスプは、その場所でラインボー・ブライトという名前をもらう。

そして彼女のチャレンジは、色のない世界を元のカラフルな状態に戻す事。

このアドベンチャーをしながら、多くの友達を作るが悪者にも会う。彼女の可愛いアシスタントたちは妖精で虹の色をしている。






レインボー・ブライト(Rainbow Brite)のトイ&グッズ


1980年代には、多くのレインボー・ブライトトイとグッズが製作された。Mattelというアメリカトイメーカーはレインボー・ブライトの殆どのグッズを製作している。

グッズとトイが多いが、現在最も人気のあるトイシリーズを紹介します。


レインボー・ブライト(Rainbow Brite) 人形シリーズレインボー・ブライト(Rainbow Brite) 人形シリーズ


1983年:Mattelのレインボー・ブライト(Rainbow Brite)人形


9インチの人形シリーズ:
  • Rainbow Brite & Twink Sprite
  • Red Butler & Romeo Sprite
  • Shy Violet & I.Q Sprite
  • Canary Yellow & Spark Sprite
  • Indigo & Hammy Sprite
  • Patty O’Green & Lucky Sprite
  • Buddy Blue & Champ Sprite
  • Lala Orange & O.J. Sprite

16インチの人形シリーズ(Mattelではなく、Emotionsという会社):
  • Rainbow Brite
  • Patty O’Green
  • Canary Yellow
  • Red Butler

18インチの人形:
  • Rainbow Brite
  • Patty O’Green
  • Shy Violet
  • Baby Brite

他の人形シリーズ: