Mars Attacks!(マーズアタック):映画をインスパイヤしたトレーディングカードシリーズ


Mars Attacks!(マーズアタック)のオリジナルカードシリーズ

 

1962年に、Toppsというトレーディングカード会社はSF系カードシリーズを製作した。
このカードシリーズはMars Attacks!と呼ばれ、当時ブームであった安っぽいSF映画のパロディー版として製作した。


1962年に、Toppsで働いていたレン・ブラウンは、SFコミックのカバーイラストを見て、カードシリーズを作ろう考えた。
そのイラストは「Mad Magazine」(マッドマガジン)のアーティスト(ウォリー・ウッド氏)によって描かれた。
Topps(トップス)は、彼にイラストのシリーズを描いてもらうことに成功した。
55枚のカードセットをデザインして、他のアーティストやイラストレーターにも協力をさせイラストを描き終えた。

 

マーズアタックトレーディングカード (Mars Attacks)
マーズアタックトレーディングカード (Mars Attacks)


 

Mars Attacks トレーディングカードボックス
Mars Attacks トレーディングカードボックス


 

最初は、テストマーケティングの為、一時的に違うネーミングで販売された。
始めは「Attack From Space」という名前で売り出したカードは、人気が出ず、カード名を変更することにした。
こうして出来上がったのが。「Mars Attacks!」だ。
Mars Attacks!(マーズアタック)という名前にしてから、マーケティングを強化し、Mars Attacks!(マーズアタック) のトレーディングカードは成功をおさめた。

 

Mars Attacks_トレーディングカードパッケージ
Mars Attacks_トレーディングカードパッケージ


 

Mars Attacks!(マーズアタック) のカードは、1つのパッケージに5枚のカードが入っていて、値段は5セント。
子供に大人気カードシリーズであったが、暴力的で、少しエロいイラストだった為に、アメリカの親たちす直ぐ販売を禁止させようとした。
このスキャンダルに対して、Toppsがシリーズ中の13枚の評判が悪いカードを描き直したが、結局は、カード製作が中止される始末になってしまった。

 

1980年代のMars Attacks!(マーズアタック) 再ブーム到来

 

1984年に、Rossem Enterprisesというトレーディングカード会社は
Mars Attacks!のトレーディングカードシリーズの中で最初に発売禁止された13枚のカードを再プリントした。
そして、同じ年に、Renata Galassoというトレーディングカード会社は全てのイラストを販売し始めた。

1988年には、Toppsは、コミック会社とコラボレーションし、カードイラストに基づいたコミックを作った。
しかし、あまり人気にならなかったことから、4巻までしか作られなかった。

 

1990年代に起きたMars Attacks!(マーズアタック) 再ブーム

 

1994年には、Toppsが100枚の新しいカードシリーズを製作した。オリジナルシリーズの55枚と、45枚の新しいイラストを追加して作ったシリーズだ。
そして、同時に、限定版のコミック(全6巻のコミック)シリーズも作った。

 

Mars Attacks!(マーズアタック) の映画

 

イギリス人映画監督のTim Burton(ティム・バートン)は、若い頃、Toppsトレーディングカードのファンだったことから
当時から、トレーディングカードシリーズを基にした映画作りを渇望していたようである。

元々Dinosaurs Attacks!というトレーディングカードシリーズに基づいた映画を作りたかったが、ジュラシック・パークがビッグヒットになったため
恐竜系の映画のアイディアをあきらめ、Mars Attacks!というカードシリーズを元にした映画を作った。
安っぽいSF映画のパロディーであったが、かなりお金がかかり、有名なハリウッド俳優が出演した。
音楽はダニー・エルフマンが監修
出演キャストは、ハリウッドでも大物セレブリティーのジャック・ニコルソン、サラ・ジェシカ・パーカー、マイケル・J・フォックス
ナタリー・ポートマンなど、豪華キャストで構成された。
アメリカ国内ではC級映画以下と酷評されたが、最終的には映画のユニークさなどに魅了されファンは多く、カルト的な人気になった作品である

 


スポンサーリンク


Share This Post