アメリカのトイビジネス・ロサンゼルスのローカルトイ:ガチャガチャ市場レポート日記


ロサンゼルスで販売されているガチャガチャトイのレポート日記



アメリカのガチャガチャは日本よりも価格設定が安いので、ついついやり過ぎてしまいます^^

こちらのガチャガチャのマーケットは、日本同様に、アメリカでフランチャイズ展開している
スーパーマーケットのターゲットやウォルマート、日本でもお馴染みのトイザラスなどに行くと必ずあります。
また、街の駄菓子やリカーショップみたいなお店に置かれている事が多いですね。


ホーミーズフィギュアのガチャガチャ
ホーミーズフィギュアのガチャガチャ







アメリカのガチャガチャビジネスについて


一回の料金は、日本のガチャガチャと違って、エリアや街によって様々です。

というのも、アメリカはご存知のとおり貧富の差が非常に激しいので
場所によって、住んでいる人種や人達が全く異なります。

その結果、地域の所得格差を考えた上で、ガチャガチャ料金設定がされていると思います。

アメリカのガチャガチャビジネス・トイビジネス
アメリカのガチャガチャビジネス・トイビジネス






実際に、ロサンゼルス市内の、イーストロサンゼルス(メキシコ人やメキシコ系アメリカ人が暮らすエリア)では
ホーミーズフィギュアのガチャガチャが、一回50セントでできます。
こちらは、かなり治安の悪いエリアでもある上に、観光客などが絶対に立ち入れない危険なエリアです。

イーストロサンゼルス(メキシコ人やメキシコ系アメリカ人が暮らすエリア)
イーストロサンゼルス(メキシコ人やメキシコ系アメリカ人が暮らすエリア)






それとは逆に、ターゲットやトイザラスのようなフランチャイズのスーパーでは
一回1ドルが相場で、たまに50セント~75セントできたりするガチャガチャも存在しています。


ホーミーズのガチャガチャ
ホーミーズのガチャガチャ





日本においてのガチャガチャのマーケットは、大人が利用することを考えているトイが多いと思いますが
こちらのアメリカでは、ほぼ子供がやるようなマーケットだと思います。

道端の駄菓子屋の前で、私が大量の25セントコインをもってガチャガチャを楽しんでいると
とても、不思議そうな目で見られる事が多いですからね(笑)。


アメリカで大人が集めるトイというえば、ブリスター付のトイが中心でたとえば
こちらのメインストリームのDC系のトイだったり、もちろんホーミーズもそうですが
キッドロボットだっり、80年代や90年代のビンテージトイだったりします。

また。先日にも紹介した、アーバントイ・デザイナーズトイは、こちらではトイというよりも
アート作品を買う感覚で、取引されているのが現状です。




スポンサーリンク


Share This Post