米国のデトロイト市:ゾンビ遊園地の計画?




アメリカのデトロイト市に作られるゾンビ遊園地の計画とは?



アメリカのデトロイト市は、元々車の業界のおかげで、車関連の工場が多く街が栄えていたが、今現在は不況の真っ只中に巻き込まれている。

街にはホームレスが多く、仕事が少なく、市内には、廃墟のビルが多い。



デトロイトの不況の救世主になるゾンビ遊園地の計画


しかし、そんなデトロイト市のネガティブな状況に立ち上がったマーク・サイワークというビジネスマンはデトロイト市に、仕事を作るべくユニークなアイディアを生み出した。

それは、デトロイトの廃墟ビルの多く立ち並ぶストリートで、ゾンビ遊園地を作る計画を立てている。

サイワーク氏は、もうすでに、デトロイトの市民から多くの履歴書をもらっているようで、このゾンビ遊園地のプランが成功した場合、市内に多くの仕事をもたらす事になるので、この計画を支援している人が多い。

しかし、逆にゾンビ遊園地のプランを反対する人達もいるようだ。反対派の彼らの言い分としては、サイワーク氏がデトロイトの社会問題を利用して、自身の利益のみを考えてこのゾンビ遊園地の計画を実行しようとしている。

彼らにはそのように映っているようだ。サイワーク氏は、現在、このゾンビ遊園地計画の為の募金活動中のようです。









Share This Post