Pez(ペッツ)お菓子の歴史・ペッツのレアグッツの紹介


Pez(ペッツ)お菓子の歴史



Pez(ペッツ)とは、世界中で人気のあるキャンディーディスペンサーです。
歴史は遡る事、1927年にオーストリアで生まれたブランドです。


Pezという名前は、「Pfefferminz」というドイツ語の単語からとられたものです。何故 Pez= 「Pfefferminz」という単語が使われたのかというと、初めて販売されたペッツのキャンディーはミント味でした。Pfefferminzはドイツ語では「ペッパーミント」という意味になります。つまりこの「ミント味」という事に由来して命名されています。


ペッツのキャンディーディスペンサーは、現在でも世界中にファンがいて、ビンテージトイ・グッズのコレクターの中でもファンが多いです。現在のペッツディスペンサーには、キャラクターの頭が付いていますが、初めて製作されたペッツのディスペンサーは頭が付いていませんでした。これらの頭なしのディスペンサーは非常に珍しく、コレクターによって高値で取引されているグッツです。


キャラクターの頭部を模ったディスペンサーは、1955年に始めて作られました。ペッツではじめて採用されたキャラクターは、ポパイ等のテレビアニメキャラクターでした。

古くレアなペッツディスペンサーは、年々とても高価になってきています。例えば2006年には、宇宙飛行士のペッツが、32,000ドルで取引されています。ビンテージのミッキーマウスのペッツは7,000ドルで取引された事もあります。



Pez(ペッツ)お菓子の歴史・ペッツのレアグッツの紹介
Pez(ペッツ)お菓子の歴史・ペッツのレアグッツの紹介




Pez(ペッツ)の種類



現在(2013年)までに、550種類以上のペッツディスペンサーが製作されています。またそれに伴い、多くのカラーバリエーションが作られています。2011年にはチャリティー寄付の為に、イギリスのウィリアム王子とキャサリン皇女のペッズが作られました。これはチャリティーオークションで、13,000ドルの値が付きました。

ペッツの中でも特にスターウォーズ関連の物は根強い人気があります。



Pez(ペッツ)お菓子の歴史・ペッツのレアグッツの紹介
Pez(ペッツ)お菓子の歴史・ペッツのレアグッツの紹介




Pez(ペッツ)のコレクターイベント



アメリカとヨーロッパでは、ペッツ関係のイベントがよく行われています。特にアメリカのオハイオ州では、1991年からコレクター向けのイベントが定期的に行われています。このイベントはPez-a-maniaと言います。
参考URL:http://www.pezamania.com


最も珍しいPez(ペッツ)ディスペンサー:トップ5



以下に世界でもとても珍しいペッツのトップ5を紹介したいと思います。


世界でも珍しいペッツ: 1. 柔らかい頭のミッキーマウス


これはペッツディスペンサーのプロトタイプです。非常に珍しく、かなり高値でコレクターに取引されています。


世界でも珍しいペッツ: 2. 1982年のワールド・フェアー宇宙飛行士


こちらもプロトタイプで、2個しか製作されませんでした。


世界でも珍しいペッツ: 3. Make a Faceのペッツディスペンサー


このディスペンサーはパーツがバラバラで、自分でオリジナルな頭を作るディスペンサーです。しかしパーツが小さい為に、子供に与えると危険という事から生産が中止されました。ですから、現在残っているディスペンサーはとても貴重です。


世界でも珍しいペッツ: 4. Locking Cap系ペッツ


これは頭が付いていません。このペッツは1949年に製作されました。タバコ用のライターと似ています。ディスペンサーのキャップに特徴があります。非常に珍しいペッツです。


世界でも珍しいペッツ: 5. Box Trademarkのペッツ


こちらは上記のLocking Capと似ています。
1949年に作られました。ディスペンサーには「Box Trademark」という字が入っています。


Pez(ペッツ)関係のグッズ













スポンサーリンク


Share This Post