アメリカのマイノリティーカルチャーをモチーフにしたヒップホップ・デザイナーズトイ Homies(ホーミーズ)


チカーノをモチーフにしたヒップホップ・デザイナーズトイ Homies(ホーミーズ)

 
Homies(ホーミーズ)のトイクリエーター:デイビッド・ゴンザレズとは

デイビッド・ゴンザレズは、メキシコ系アメリカ人のアーティストである。
Homiesというチカーノカルチャーをベースにしたヒップホップ・デザイナーズトイのクリエーターとして有名。

デイビッドは、1964年にカリフォルニアのリッチモンド市で生まれた。
貧しいエリアで育ち、5人兄弟と生活を共にしていた。

デイビッドが育った環境は、いわゆるバリオエリア(メキシコ移民が多く治安の悪いエリア)で
かなりタフな環境に囲まれて育ったが、ゴンザレス自体は真面目な子であり、小さい頃からアートに興味を示していた。
そんな事もあり、ゴンザレスは、自分の近所に蔓延するギャングカルチャーを避ける事ができた。



デイビッドは、若い頃からアーティストとしてのキャリアを目指していた。
兄弟と共にカトリック教の中学校に通っていたが、地元の公立学校の方がアートの教育に強かったことから転校することになった。
彼の親は、ゴンザレスのアートの才能に速い時期から気が付いていたこともあり、力強いサポートを続けてくれた。

 
 
Homies(ホーミーズ)のトイアーティスト:デイビッド・ゴンザレス
Homies(ホーミーズ)のトイアーティスト:デイビッド・ゴンザレス

 
 
Homies(ホーミーズ)のイラスト
Homies(ホーミーズ)のイラスト

 
 


Homies(ホーミーズ)の誕生の原点

 
高校の頃、クラスメイトの為にイラストを描いた。彼の描くキャラクターは全てラティーノエリア(バリオ)に住んでいる人達に基づいて作られたいた。
彼の描くコミックのキャラクターはクラスメイトの中で、とても人気があった。
当時描いたキャラクターは、その後、大成功をおさめるHomies(トイ)のインスピレーションになった。

1970年代に、高校を卒業してからは、ローライダーカーのイベントの為にポスターやTシャツを作り始めた。
その後、情熱的なアーティスト活動の甲斐あって、Lowrider Magazine(ローライダーマガジン)というローライダー雑誌に紹介された。
これが縁となり、ローライダーマガジンからの依頼で、月に一回にコミックを描くようになった。
このコミックのキャラクターは、高校生の頃に描いたバリオのキャラクターに基づいて描かれたものだった。

その後、デイビッドは結婚し、サンホゼに引越した。
アートのキャリアだけで家族をサポートする事ができなかったことから、郵便局で働き始めた。
郵便局の仕事でも、アート才能は直ぐ見込まれ、郵便サービスで使用するプロモーション用のデザインを頼まれるように。
この仕事のお陰で、またTシャツのデザインをスタートさせた。自由時間が利用し、ローライダー系Tシャツをデザインし販売するビジネスもスタートした。




Homies(ホーミーズ)のトイが誕生した歴史

 
1989年には、Lowrider Magazineのサポートのより、最初のHomiesのトイを製作した。
Homiesのトイは、小さいプラスチック製フィギュア(PVC)で、各キャラクターは、バリオで生活している人達をモチーフにしている。
当初は、スーパーのガチャガチャ機で販売した。しかし、ロスアンゼルス市警(LAPD)からギャングを助長しているとネガティブなリアクションを受けた。
これにより、スーパー側は、Homiesのトイの販売することを中止した。

デイビッドは、ギャング達、ギャングのライフスタイルを美化している訳ではなかったので、もう一度一からキャラクターを作り直すことにした。
それぞれのキャラクターのバックストーリーを考え、ポジティブなイメージでトイのキャラクターを作りこんだ。
その後、アメリカの大手有名スーパーのウォールマートや、セーフウェイなどで販売を始めた。
他にもHomies関連のグッズを作り販売していった。現在、Homiesは、トイだけに留まらず、Tシャツや、ポスター、トレーディングカードなどのグッズを販売している。

 
 

Homies(ホーミーズ)トイのイラスト
Homies(ホーミーズ)トイのイラスト


 
 

Homies(ホーミーズ)のトイ
Homies(ホーミーズ)のトイ


 
 


Homiesのキャラクターに基づくデイビッドの弟のストーリー

 

ここまで、ホーミーズの成功に渡って紹介してきたが、なんと言っても
ホーミーズの成功の裏にはデイビッドの弟の存在がとても大きな影響を与えている。

デイビッドの弟のロバートは、年が一つ下であるが、デイビッドとは全く違ったライフストーリーであった。
兄である、ゴンザレスは、真面目で真剣にアーティストとしてのキャリアを目指していたが、弟のロバートは、バリオのギャングライフにドップリ浸かっていった。
近所のギャング達とつるみ、トラブル続きの毎日を過ごしていた。

1980年にギャング達との小競り合いから、右足を失うことになってしまった。
彼は、実家にもどり車椅子の生活を余儀なくされた。

しかし、車椅子になったにも関わらず、ギャングライフから、中々抜け出す事ができなかった。
保険金を使い、パーティー生活を続けていった。お金を湯水のごとく使い続け、高級ローライダー車も購入する始末。
最終的には、お金も尽き、弟のロバートは実家から逃げていった。

しかし、その後、兄のデイビッドのアドバイスで、ロバートは、実家にもどり親に許しを得て、また家族との共同生活に戻った。
改心したロバートは、ローン会社で仕事を始め真面目に働く生活をスタートさせた。
だが、いつも心の中には、満たされない何かが欠いていた。
ロバートは、24歳の時にカトリックの神父になることを決意した。

デイビッドがHomiesで成功し始める一方、ロバートはバリオの教会で神父の生活をはじめた。
Homiesのトイに対して、ロスアンゼルス市警(LAPD)から注意を受けた時、実は、デイビッドは、神父になった弟のロバートに相談していた。

ロバートのアドバイスにより、Homiesのトイをポジティブなキャラクターをつくり生まれ変わらせようとした。
トイのキャラクターの中に、ロバートを基にした車椅子に乗っているキャラクターを作り、メキシコ系アメリカ人の警察官のキャラクターも作った。
「ウィリー」という車椅子のキャラクターは、ホーミーズのキャラクターの中で一番人気のあるキャラクターである。
他にも、弟のロバートの為に神父のキャラクターを作った。

「エル・パドレシト」という神父のキャラクターは、ロバートに似せて作った。
この神父のキャラクターは、ホーミーズトイの世界の中で生きる、不幸な生活を余儀なくされているキャラクター達にとって、父親のようなキャラクターになった。

ロバートは、このキャラクター「エル・パドレシト」のライセンスを兄のデイビッドから$1で買い(法律的に必要だった為に)、自分のマスコットにした。
そして、インターネットを使って、「エル・パドレシト」のオンライン教会を作った。
深い悩みを抱えている人々が、ロバート神父にメールで相談できるサービスである。

Homiesは、ただのトイとしてブームだけにとどまらず、ポジティブな社会活動をサポートしている。





デイビッド・ゴンザレスの他のアート

 
現在、デイビッドは、サンフランシスコに住んでいる。三人の子供がいて、孫もいる。
トイ以外にも、アート活動を続けていて、ローライダー系Tシャツとプリントはもちろん作り続けていて
油絵でキリスト教系のアートも描いているようだ。

Homies(ホーミーズ)のトイ紹介

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


スポンサーリンク


Share This Post