アタック・オブ・ザ・キラー・トマト:カルト映画を基にしたトイシリーズ


カルト映画を基にしたトイシリーズ:アタック・オブ・ザ・キラー・トマト


Attack of the Killer Tomatoes(アタック・オブ・ザ・キラー・トマト)とは
1978年に封切られたコメディホラー映画である。

1950年代のホラー映画のパロディーで、”人間を襲うトマト”というコンセプトを基にした映画である。
この映画は、かなりの低予算で作られたが、公開後すぐにカルト映画になっていった。



キラートマト
キラートマト





ハリウッド俳優のジョージ・クルーニー出演していたが、その当時は、まだ有名ではなかった。
その後、3つの続編も作られている。


1990年には、映画を基にアニメーションシリーズも作られた。
そして、小説や漫画、テレビゲームなどのグッズも販売された。


1991年に、Mattelというアメリカのトイ会社は
アニメシリーズのキャラクタを基にしたフィギュアセットを製作した。

現在、これらのトイシリーズはコレクターズアイテムになっている。
9つのトイが制作され、それぞれのパッケージには、2つのフィギュアが入っており
1個のトマトと人間のフィギュアが入っている。


アタック・オブ・ザ・キラー・トマト フィギュア
アタック・オブ・ザ・キラー・トマト フィギュア






★フィギュアのチェックリスト:


・Wilbur Finletter Vs. Beefsteak

・Dr. Gangreen Vs. Ketchuck

・Igor Vs. Fangmato

・Chad Vs. Tomacho

・Ranger Woody Vs. Zoltan

・Fireman Hoser Vs. Mummato

・Tara Boumdeay Vs. Missing Tomato Link

・Ultimato Vs. Officer Bookum

・Whitley White Vs. Phantomato


アタック・オブ・ザ・キラー・トマト映画








Share This Post