マッドボール(Madballs)の歴史:世界で大ブームを巻き起こした80年代のホラー系ボールトイ


マッドボール(Madballs)の歴史とキャラクターの紹介



マッドボール(Madballs)とは、1980年代にAmToyというアメリカの会社から販売されたゴム製のボール型モンスタートイシリーズです。

とにかく「気持ちが悪いモンスター」というコンセプトで制作された玩具で、1980年代当時に世界中で大ブームを巻き起こしたホラー系ボールトイの元祖がこのAmToyのマッドボールシリーズです。


日本においても、日本版マッドボールとして、タカラからホラーボールとして販売されて当時の子供達の間ではブームになりましたね。(管理人も子供の頃大好きでした^^)

それ以外には明治製菓から発売されたお菓子のおまけとしてホラーボールが出ていました。造形はいい意味で粗くチープな感じですが、当時の雰囲気がたっぷり出ていて今でも人気のコレクターアイテムですね^^


それぞれのキャラクターには名前が付いていて、しっかりとしたバックストーリーも存在しています。マッドボール(Madballs)は玩具だけではなく、アニメシリーズやコミック、ステッカー、テレビゲームもリリースされています。

世界で大ブームとなって瞬く間に広がりを見せましたが、その後にコピーのマッドボール玩具が出回る始末(笑)。

しかしそのコピー品も非常に造形レベルが高く今や本家のマッドボールよりも高値で取引されているコレクターアイテムとなっています。


そのマッドボールの類似トイとしてはメジャーな種類を紹介しますと・・。


というシリーズが存在しています。

※Blurp Balls(ブラープ・ボールズ)のデザインに関しては、ボグリンのデザイナーであるジェームズ・グローマン(James Groman)というアーティストによって製作されています。



Madballs(マッドボール)の種類



マッドボールの玩具のマテリアルはフォームラバー(ストレスボールのようなウレタン系の素材)で作られています。その為現在残っているマッドボールは劣化してコンディションが悪いものが多いです。

元祖のマッドボールズは2つのシリーズがあり、各シリーズには8個のキャラクタが存在しています。そしてスーパーマッドボールズという大型のボールシリーズもリリースされていました。スーパーシリーズは3個のキャラクターがいます。(サッカーボール、アメフトのボール、バスケットボール)。

これ以外にヘッド・ポッピングマッドボールというシリーズもリリースされていました。このシリーズの玩具には、体も付いていて頭の部分(マッドボールズの部分)が飛び出す仕様になっています。


ヘッド・ポッピングマッドボール
ヘッド・ポッピングマッドボール




マッドボールズ・ローラーサイクル
マッドボールズ・ローラーサイクル





オリジナルのMadballs(マッドボール)シリーズ



ボール系ホラートイ・マッドボールズ
ボール系ホラートイ・マッドボールズ




・Screamin Meamie (スクリーミン・ミーミー)

野球ボールがコンセプトで大きい舌のある怖い顔をしたマッドボール。


・Slobulus (スロビュラス)

涎をたらしているキャラクターで、片方の眼が飛び出している仕様のボール。


・Aargh (アアア)

青い色をしていて、1つの眼しかないフランケンタイプのモンスターボール。


・Hornhead (ホーンヘッド)

角のあるキュクロプスタイプのボール。


・Dustbrain (ダストブレイン)

ミイラタイプのマッドボール。


・Oculus Orbus (オキュラス・オーバス)

ロウブロウ好きには堪らない、眼球タイプのボール。


・Skullface (スカルフェイス)

頭蓋骨タイプのボール。

・Crackhead (クラックヘッド)

脳ミソが見える頭のボール。
クラックヘッドという名前はコカインの別名があることから
後にBash Brain(バッシュブレイン)という名前に変えられた。





マッドボール第二弾シリーズ


・Snake Bait(スネイク・ベイト)

ゴルゴーンのキャラクタータイプのボール。


・Freaky Fullback (フリーキー・フルバック)

アメフト選手のキャラクターのボール。


・Splitting Headache (スプリティング・ヘデイク)

頭の合わない半分と半分が縫い合わせているタイプのモンスターボール。


・Bruise Brother (ブルーズ・ブラザー)

不細工なのバイカーのキャラクターのボール。


・Wolf Breath (ウルフ・ブレッス)

狼男タイプのボール。


・Fist Face (フィスト・フェイス)

眼球を持っている手のボール。


・Swine Sucker (スワイン・サッカー)

豚のキャラクター。


・Lock Lips (ロック・リップス)

鍵かかった顎の顔。


Madballs - Lock Lips
Madballs - Lock Lips





スーパーマッドボールズ



・Touchdown Terror (タッチダウン・テラー)

アメフトのボールタイプで妙な笑顔しており、ミサイルのようなヒレを持つボール。

Touchdown Terror (タッチダウン・テラー)
Touchdown Terror (タッチダウン・テラー)




・Goal Eater (ゴール・イーター)

鋭い歯のサッカーボール。

スーパーマッドボールズ
スーパーマッドボールズ



・Foul Shot (ファウル・ショット)

ゾンビの顔をしている虫がくっついたバスケットボール。






Sick Series (シック・シーリーズ)



マッドボールズ シックシリーズ
マッドボールズ シックシリーズ




・Bleach Beard (ブリーチ・ビアード)

・Puck Teeth (パック・ティース)

・ Mosh Pitts (モッシュ・ピッツ)

・ Eye-Sore (アイ・ソー)

・ Klang Fang (クラング・ファング)

・Shrunk Punk (シュランク・パンク)

・Bottom Feeder (ボタム・フィーダー)








Video Game Balls (ビデオ・ゲーム・ボールズ)



・Major Stone (メイジャー・ストーン)

・Eidolon (エイドロン)

・Jenkins (ジェンキンズ)

・Robo (ローボー)

・Grok (グロック)

・Magmor (マグモー)

・Daemonak (ディーモナック)

・Pett (ペット)

・Aescu (エスキュー)






Madballs: TV/Comic Balls(マッドボールのテレビやコミック)



・Freakella (フリーケラ)

・Smasher (スマッシャー)

・Crasher (クラッシャー)

・Trasher (トラッシャー)

・Madbelle (マッドベル)






マッドボールのコミック



マッドボール・コミックシリーズ
マッドボール・コミックシリーズ




1986年に、Star Comics (Marvel Comicsの子会社)は三冊のミニシーリーズを出版した。1987年には、4冊目から月二回の出版をスタートし始めた。しかし、10冊目を出版してから、突然シリーズがキャンセルされた。

現在のマッドボールズは2006年にArt Asylumという玩具会社が元のメーカーと契約を結んで、もう一度マッドボールズを復活させリリースすることになった。

オリジナルのキャラクターをもう一度販売する事にしたようですが、今回のシリーズでは新しいキャラクターも加わっています。




現在のマッドボール業界の状況:デザイナーズソフビマッドボール



2014年くらいから海外・国内を含めたインディーズソフビのアーティスト達が自らのデザインでオリジナルのマッドボールよりもさらに素晴らしいデザインでマッドボールを製作しています。

素材もオリジナルのマッドボールとは違い、フォーム素材ではなく高級感のある軟らかいソフビを使ったボールトイに仕上がっています。


バッドアティックさんが作ったマッドボールは80年代の雰囲気を彷彿とさせるマッドなデザインとカラーリングです!

・トラボール(Trouballz)


Man-E-ToysのTru-tekさんが作ったマッドボールは、OOZE-ITがベースになったマッドボールです。とにかくモールドのディテールが半端無いです!

・OOZE-BALL


他にも当時のマッドボールにインスパイアされたオリジナルの”デザイナーズ”マッドボールが世界中でトイアーティスト達によって作られています!



スポンサーリンク


Share This Post